アカウント情報カートを見るレジに進む
カテゴリー
新着商品

偏愛の文学
1,620円

Facebookページ 2015年10月23日開設しました。
梓書房 Azusa Shobo

Promote your Page too


「思想」としての大塚史学 戦後啓蒙と日本現代史

著者名:恒木健太郎
出版元:新泉社
冊数:1冊
刊行年:2013
四六判 カバー表紙に少こぼしシミ。帯。前半13ページとあとがき3ページに蛍光ペンボールペン線引、少ボールペン書き込み。
No. 29462
価格:2,700円
この商品は 2016年10月24日 月曜日 にカタログに登録されました。
連想検索
キーワード・文章から検索!

ショッピングカート
カートは空です...
友達に知らせる
 
この商品のURLを友達にメールする
  古書籍商
東京都公安委員会許可
第301029804716号
百瀬亮介



日本の古本屋クレジット決済システム利用
通販でカード決済をご希望の方はお申し出ください。


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
2009年11月よりTwitterはじめました。
https://twitter.com/azusa_shobo
メールマガジンを発行するほどの量の情報を発していないので、Twitterにしてみました。
更新情報やお知らせ、神保町の様子、古本豆知識ほか担当者の雑感(脱力する誤変換)などをtweetしていきます
皆様のフォローお待ちしております。

BOOKTOWNじんぼう
2019年8月18日 日曜日 25311455 リクエスト (2005年11月22日 火曜日 より)